CATEGORY 機械姦

ハーレムエロ漫画 女教師でハーレムを作ってみた はじめの一歩 三十路の美術教師絵美 エピソード2

エピソード1は「女教師でハーレムを作ってみた はじめの一歩 三十路の美術教師 美絵」( 作品ID:186480 )になります。

男子生徒スギヤマに陵○され、混濁する意識の中いかされてしまった美絵は、「メス教師1号」のあだ名をつけられ、服従の証として「チョーカー」をつけられてしまう。しかし……。

その後一週間、スギヤマからの接触はなかった。そのことに疑問に感じながらも、スギヤマの言いなりになっていた自分に気づき、チョーカーをゴミ箱へ捨ててしまう。

ところが、いきなりチョーカーを捨ててしまっていたことをスギヤマに詰問される。困惑する中、性具を膣にねじ込まれ教室の掃除道具入れに閉じ込められてしまう。外から聞こえるのは女●●生の声、足音……激しく振動する性具は突然ク○トリスに吸着を開始する……。

恥辱の果てに、女教師は…!?

本編モノクロ:24ページ

前作でキャラクターの名前などが間違ってしまっています。申し訳ありません。順次修正していく予定です。

ハーレムエロ漫画 連邦生徒会透明水着部 活動の記録

連邦生徒会長が残した謎の部活、「透明水着部」。
顧問を任された先生が取った行動とは――

特に深い理由も無く、好きなキャラに透明な水着を着せて、えっちな事をする漫画です。
トリニティからは、透明水着部の特殊な権限により強引に呼び出したミカと、監視でついてきたコハル。
ミレニアムからは、光学迷彩水着の開発者であるウタハ(とミレニアムの淫獣こと雷ちゃんMK-II)と、何故か一緒に呼ばれたハレ。
ゲヘナからは便利なやつらこと、便利屋68の一行が出てきます。