CATEGORY 異世界チートでハーレムを

ハーレムエロ漫画 異世界チートでハーレムを〜 【支配】スキルで【エロミッション】を達成しつつ、やりたい放題〜

俺の名前はアルト。
ふと気がつくと見知らぬ場所にいた。
流行りの異世界転移というやつだろう。
しっかりとチートもあるようだ。
さっそく、猪型の魔物に襲われていたクレナという少女を助けてやった。
すると……。
<新たなミッション【1人の女性に中出しをする】の達成チャンスです>
頭の中に無機質な声が響く。
ふむ。
確かにミッションとやらを達成するチャンスだな。
俺はクレナの手を引いて近くの茂みへと連れていく。
「ちょ、ちょっと! こんなところで何をするおつもりなんですか!」
「決まってるだろ? セックスだよ」
俺はそう言いながらクレナを抱き寄せキスをした。
「んん~!!」
クレナが抵抗しようとする。
しかし、男の俺に力で適うはずもない。
さて。
バッチリ中出しを決めさせてもらうとするか。

ハーレムエロ漫画 異世界チートでハーレムを【2】 〜【支配】スキルで【エロミッション】を達成しつつ、やりたい放題〜

俺の名前はアルト。
チートを活かして異世界無双を始めたばかりだ。
村人の少女クレナをレ●プした後、共に薬草の群生地にやってきた。
だが、一瞬の油断からクレナは食人植物に丸呑みされてしまった。
さらに、ドライアドまで出現し俺はツルによって捕らえられてしまう。
「ふふふ、人間の男を味わうなんて久しぶりだから楽しみだわ」
「くっ、放せ!」
俺は必死にもがく。
だが、全く動けない。
「あらあら、活きのいいこと。じゃあ、早速いただくわね」
そう言って、リンファが近づいてくる。
「くっ!」
「ふふ、さあ大人しくしなさい」
リンファが服を脱ぎ捨て、裸になる。
そして、俺のズボンを下ろし、俺のモノを露出させた。
「さすがは若い男の体ね。張りがあるわ」
そう言って、モノを握る。
「やめろ! くっ! あああっ」
俺は抵抗するが、身動きが取れない。
このまま好きにさせてたまるか!
クレナが消化されてしまう前に助ける必要がある。
何とかして形勢を逆転させるぞ!!

ハーレムエロ漫画 異世界チートでハーレムを【3】 〜【支配】スキルで【エロミッション】を達成しつつ、やりたい放題〜

異世界人アルトとドライアドのリンファが戦っている頃……。
村人の少女クレナは、食人植物の中に捕らわれていた。
食人植物の体内にて、うごめく触手に体を蹂躙されていく。
さらには……。
「ひっ!? な、何これ?」
突然、触手の動きが変わった。
先端から大量の液体を放出してきたのである。
それは、媚薬成分を含んだ消化液だった。
「いやぁぁっ! 溶ける! 私の体が! 溶かされる!」
クレナの悲痛な叫びが、虚しく響き渡る。
そして、まずは彼女の服が溶けていく。
やがて、指先や体表も溶解し始めた。
「ああっ……いやぁ……」
クレナの目から光が消える。
このままでは食べられてしまう。
「誰か助けて……」
クレナは涙を流しながら、呟く。
だが、それに答える者はいない。
果たして、アルトの救出は間に合うのだろうか。
クレナの孤独な戦いはまだ始まったばかりだ。

ハーレムエロ漫画 異世界チートでハーレムを【4】 〜【支配】スキルで【エロミッション】を達成しつつ、やりたい放題〜

少女クレナと共に、彼女の村までやって来た。
彼女の服はドライアドのリンファによって溶かされてしまったので、今の彼女はかなりの薄着だ。
それが村の男たちを刺激してしまったらしい。
「げへへ。ちょ、ちょっと向こうの影に行かないか」
「そうだな。採取のときに虫に刺されたりしていないか、俺たちがクレナの体を調べてやるよ」
「だ、大丈夫だよ。アルトさんもいたし……」
「良いから来いよ!」
「ああんっ!」
村人たちに引っ張られて、クレナが物陰へと連れていかれる。
俺の女に手を出すとはいい度胸だ。
格の違いを思い知らせてやるか。
……ん?
<新たなミッション【10人以上が見ている前での公開中出し】>だと?
ちょうどいい。
クレナが誰の女か、村中に知らしめてやることにしよう。